「ほっ」と。キャンペーン
2006年 12月 22日

娘の大ニュース

現在フランス留学中の娘が、先生のはからいでこの間パリ・オペラ座の進級試験を生で観せていただいたそう。
ちょうど日本でもスーパーバレエレッスンでカドリーユの男女が生徒となって指導を受けている姿が見れるけど、やはり昇進を賭けて望む姿は言うまでもなく素晴らしかったよう。2001年のローザンヌでとても愛らしいジゼルのヴァリエーションを踊った少女もオペラ座に入団し、今回はミラージュを踊り、娘は彼女の踊りに心を奪われた様子。スジェクラスの男性人も素晴らしく、とにかくその日は感動の嵐。それはそうよね。私も観たい!!
先生の目的はただひとつ。<変われ!>今のままの意識ではとうていプロになどなれない。意識の改革を起こし、たくさんの本物の芸術に触れ、余すところなく吸収し、表現できるようにと。
日々の先生の指導は厳しいけれど、言われていることに間違いはない。あとは受け止める側の心次第。不器用な娘には苦難の道だけど、素直な心でひとつひとつ乗り越えて自分の物にしていって欲しい。
ああ、親心を語ってしまった・・・ごめんなさい。語りたかったのはパリ・オペラ座バレエ・・・。
それにしても見守るって忍耐が必要ですね!
[PR]

by gavivienne | 2006-12-22 16:56


<< Kバレエくるみ割り人形の吉田都さん      ツルツルお肌 >>